ピルや薬の正しい使い方:健康ダイエット最前線

medicine

ピルの活用

ピルは避妊以外の副効用もある

ほとんどの人がピルという言葉を聞いたことがあると思います。ピルは、女性の卵巣でつくられる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが主成分になっていて、この女性ホルモンの作用を利用して妊娠を防ぐ薬です。言わば避妊のための薬です。 ピルは、ほぼ100%の避妊効果を発揮する薬ですが、その他にも生理痛の軽減、月経量の減少、月経前症候群の暖和などの副効用があります。 ピルを長期服用することによって、子宮体がんにかかるリスクが低下したり、卵管炎や骨盤内感染症などの不妊の原因になる病気にかかりにくくなります。また、不妊の予防につながります。 ピルを服用してはいけない人は、妊婦(または妊娠の可能性がある人)や思春期前の人などです。

自分でコントロールできる避妊法

日本のピルの普及率は1〜3%と言われていて、先進国の中でも遅れています。女性の中には、よく知らないから副作用が怖いとか妊娠しにくくなるなどと思ってしまっている人もいるかもしれないです。ですが、ピルは女性の意思で妊娠をコントロールできる避妊法です。正しく服用すればほぼ100%避妊することができるので、女性にとって心強い味方になってくれると思います。 ピルの値段は病院でも診察を受けてみないと分からなかったり、また同じ種類のものでも病院によって値段が違ったりします。平均的な値段は1シート(1カ月分)2000円〜3000円くらいです。また、個人輸入を代行している通販サイトでいろいろな種類のピルを安く購入することができます。なので、病院で処方してもらうのが難しい人にオススメです。

Copyright (c) 2015 ピルや薬の正しい使い方:健康ダイエット最前線 all reserved.